年齢ペプチドの副作用 口コミや評判

血管をしなやかにするとされている年齢ペプチドを紹介します

カルピス社が発表した年齢ペプチド。

 

 

カルピス社といえば、薄めて飲むカルピスが有名です。
飲むカルピスはほとんどの人が知っていると思います。

 

 

このカルピスを作る過程でできる発酵乳から見つかったもの、それが

 

年齢ペプチド

 

だったりします。

 

カルピス酸乳からカルピスを作る過程で見つかった、アミノ酸が結合したペプチド。
それが年齢ペプチドです。

 

 

そう聞くと
「飲むカルピスに年齢ペプチドが配合されているのでは?」
と思いますけど。
配合されていないらしいです。

 

カルピスを作る過程で見つかった成分が年齢ペプチドということで…。
カルピスに配合しているわけではないようです。

 

 

年齢ペプチドを乳酸菌だと勘違いしている人がいます。
年齢ペプチドは乳酸菌ではありません。
年齢ペプチドはアミノ酸が結合したものです。

 

 

年齢ペプチドはカルピス社の商品にしか配合されていないです。

 

いや、もっと単純に言えば年齢ペプチドという名前をつけたのはカルピス社です。
年齢ペプチドの正式名称はラクトトリペプチドで、カルピス社はラクトトリペプチドに最近別名として年齢ペプチドという名前をつけたわけです。

 

なんで別名をつけたのかは知りませんけど。
わかりやすい名前をつけたかったんじゃないの!?
ラクトトリペプチドという名前ではあまりにも覚えにくいですし。

 

まぁ、そういう理由で年齢ペプチドを生み出せるのはカルピス社だけなんです。

 

 

 

年齢ペプチドを配合した食品はある?

カルピス原液はカルピス酸乳を乳酸菌で醗酵させた後に、さらに酵母で醗酵させたものです。

 

カルピスの作り方を知っているのなら、年齢ペプチドを自分で生み出せるかもしれません。
でもカルピス(原液)を自分で作れるなんていう人は聞いたことがないです。

 

そもそもカルピス酸乳というもの自体、一般の人には手に入れようがありません。
カルピス社に勤めていて、カルピスを作っている工場の人なら可能かもしれません。
でも、それでもかなり不可能に近いです。

 

 

そんなわけで年齢ペプチドを配合した商品は

 

カルピス社の商品だけ

 

ということになります。
いやそんなものですよ。

 

 

ヤクルトに配合されている乳酸菌シロタ株だって、ヤクルト社の商品にしか配合されていません。

 

 

明治ブルガリアヨーグルトに配合されているLB81乳酸菌も、明治の商品にだけ配合されています。

 

 

年齢ペプチドはカルピス社が保有している成分です。
年齢ペプチドを配合した野菜や果物はありません。

 

ただ、年齢ペプチドはアミノ酸が結合したペプチドです。

  • バリン
  • プロリン
  • イソロイシン

この3つのアミノ酸が結合したものが年齢ペプチドです。

 

バリン、プロリン、イソロイシンのアミノ酸を配合した食品は、年齢ペプチドに近いものとはいえそうです。

 

 

ただ別の記事でも書きましたけど…。
納豆と大豆は別物ですよねぇ。
納豆は大豆を原材料に作ったものですけど、大豆と納豆ってまったくの別物と言っても過言ではないです。

 

納豆の健康効果と、大豆の健康効果は違うものです。
大豆を納豆にすると、健康効果が何倍にもなると言われていますからね。

 

 

そう考えると、年齢ペプチドがバリン、プロリン、イソロイシンの3つのアミノ酸からできたものでも、納豆と大豆が同じ物だというのはちょっと厳しいように。
年齢ペプチドとそれぞれのアミノ酸が同じ物だというのは、ちょっと無理があるように思います。

 

 

 

 

 

アミノ酸が血圧を下げる効果が期待できる

年齢ペプチドには血圧を下げる効果が発表されています。

 

年齢ペプチドはアミノ酸の結合体です。
年齢ペプチドが血圧を下げると考えるより、アミノ酸が血圧を下げると考えるほうがいいかもしれません。

 

 

GABAというγ-アミノ酪酸も血圧を下げる効果があるとされています。
ヤクルトが販売している血圧対策飲料プレティオはGABAの効果で血圧を下げます。

 

 

【プレティオ紹介記事はこちら】
プレティオ ヤクルトの血圧を下げる効果がある飲み物

 

サントリーが販売している胡麻麦茶に配合されている胡麻ペプチドも、アミノ酸の結合体(ペプチド)です。
胡麻麦茶は有名ですから、血圧を気にしている人なら知っているかと。

 

 

 

血圧を下げる商品の多くは、アミノ酸が関わっています。

 

 

年齢ペプチドもアミノ酸の結合体。
例外ではありません。

 

血圧を下げる効果のある飲料の基本は、アミノ酸の力によって血圧を下げる(血圧を上げないようにしている)といえます。

 

 

 

年齢ペプチドの効果は血管年齢を若返らせる

 

年齢ペプチドの効果は

 

血管年齢を若返らせる

 

効果が発表されています。

 

 

血管年齢と聞いて「???」という人もいるかもしれません。
血管というのは体の中にある、血をめぐらせるものですね。

 

 

その血管にも年齢があるってことです。
血管年齢が高くなると、血の流れが悪くなったり、血液がつまったりして、動脈硬化を起こし、脳卒中や心筋梗塞を引き起こすとされています。

 

 

人間歳をとるので、たしかに年齢があります。

 

よく脳年齢とか、脳年齢とか、脳年齢とかいいますよね。
他に特に思いつかなくてすいません。
脳年齢は歳をとると、記憶力が悪くなったり、物忘れをしたり、頭の回転が遅くなります。

 

血管にも年齢があるわけです。
血管年齢が高くなると、血管が硬くなったり、血管の中にプラークができ血液の流れが悪くなります。

 

 

 

年齢ペプチドで血管年齢を若返らせる効果があるというわけですが、血管年齢を若返らせる効果というのは実感しにくい効果で困ってしまいます。

 

血管年齢を測らないと、自分の血管年齢がいくつぐらいなのかわかりません。
さらに、血管年齢が若返ったとしても、それも血管年齢を専用の機械で測らないとわからないです。

 

 

自分は年に1回、地域の健康イベントで、血管年齢を測るコーナーがあるので。
そこで血管年齢を測定しています。
でもそれを逃せば、年1回も血管年齢を測定できないことになります。

 

 

血管年齢は血圧と似ているかもしれません。
血管年齢が実年齢より高かったとしても、本人は特に異常を感じず生きています。
血圧も高くても、測定するまで自分が高血圧だとわからない人もいますよね。

 

でも、血管年齢や血圧が高い人は、私生活で特に問題を感じていないながら。
脳卒中や心筋梗塞といった動脈硬化の危険が潜んでいるということですね。

 

 

血圧と血管年齢の違い。
それは血圧は個人で測る機械が簡単に安い値段で購入できます。

 

 

安いものであれば、血圧測定の機械は3000円ほどで買えるんですよね。
良いものでも1万円ほどだせば、いいのを買えます。

 

でも血管年齢を測る機械は、個人で買うのは今のところほぼ不可能です。
何十万も払うことができるのなら、個人で買うことも不可能ではないかもしれませんが…。

 

そして血管年齢の測定は、どうもパソコンなどを使ってやるものが多いので…。
機械の知識がないと、血管年齢の測定は難しいかもしれません。

 

 

 

 

 

ここ最近は血管年齢が重視されている

最近は血管年齢を重視する医者も多いです。
健康診断で血管年齢を測ることも多くなっています。

 

 

 

自分も地域の健康イベントに行ったら、血管年齢を測定できるコーナーがあって驚きました。

 

 

血管年齢は今後馴染み深いものになってくるかもしれません。
健康診断で、血圧だけではなく、血管年齢を測るところも出てくる可能性は高いです。

 

ただやっぱり今現在は血圧と比べると、血管年齢を測定しないことも多いです。
でも今後は健康診断で、血圧だけではなく血管年齢も測るのが当然になるかもしれません。

 

今現在でも
「健康診断で血管年齢が高かったので…」
という人がちらほらいますから。

 

今後は病院も血管年齢を測る機械を導入するようになると思います。

 

 

 

血管年齢が若い人は外見も若い?

テレビで郷ひろみさんが血管年齢を測っていました。
郷ひろみさんが血管年齢を測ったときは、57歳のときでした。

 

そしてそのときでた血管年齢がなんと20代だったということです。

 

 

でも郷ひろみさんの外見をみると、20代には見えませんが、少なくとももう少しで60歳になる人には見えません。
40代、がんばれば30代後半と言っても大丈夫かもしれません。

 

 

というか、郷ひろみさんって1955年生まれなんですよ。
いや、普通に考えたらもうおじいちゃんおばあちゃんと同類みたいな感じでしょ…。

 

そう考えたらやっぱり若いですよね。
もし1955年生まれの人たちを集めたら、おそらく郷ひろみさんだけ1人浮いてしまう気がします。

 

 

血管年齢が若い人は、外見も若く見られがちだと言われています。
郷ひろみさんの血管年齢が20代というのも、なんとなくわかるような気がします。

 

20代には見えないと思いますけど。
1955年生まれの人たちの中では、ダントツに若く見えると思いますから。

 

 

あと自分の勝手な想像ですけど。
松岡修造さんも血管年齢が若そうなイメージがあります。

 

代謝が高そうな人は、血管年齢が若そうですよね。
イメージとしては
【熱く、気合が入っている】
そんな生活をすると、血管年齢は若くなりそうですね。
体を動かすことと、深く考えすぎない(ストレスを溜めない)ことが、血管年齢を若くするのに重要だと思います。

 

血管年齢を若くする方法として医者も
「普段からよく笑うこと」
と言っていました。

 

 

 

血管年齢をどう知ればいい?

血管年齢を若返らせる効果があるとされている年齢ペプチド。
でも、自分自身血管年齢がいくつなのかわかりません。

 

そもそも一時期【脳年齢】という言葉も注目されましたけど。
正式な脳年齢がいくつなのかも、よくわかりません。

 

脳トレゲームで脳年齢を適当に示すことはできました。
でもやっぱりあれは、なんとなくなイメージが強いです。

 

 

血管年齢となるとちゃんとした検査が必要な気がします。

 

血圧なら血圧計で計ればわかります。
血圧計は、今では個人用に手ごろな値段で販売されています。

 

 

うちの親も血圧が高いので、血圧計を持っています。
血圧なら個人で測れるんですよ。

 

 

でも血管年齢を測る機械は、一般には販売されていません。

 

自分が地域の健康イベントをやっていたスタッフに
「血管年齢を測る機械は個人で買えるんですか?」
と聞くと
「これは病院からの借り物なんですよね」
と言っていました。

 

今後どうなるのかはわかりませんが、2015年現在は病院で血管年齢を測るしかなさそうです。

 

どうしても個人で血管年齢を測りたいのなら、メディカルアナライザーやアルテットといった血管年齢を測れる機械を個人で買う必要があります。

 

 

ただそれは現実的ではありません。
値段が高すぎますから。

 

個人で買えるのかはわかりませんが、2015年現在は最低価格だと48万円でアルテットが販売されています。
よりいいもの(病院用)になると70万円ほどするということで、ちょっと手がでないですよね。

 

 

かといって、どこも悪くないのに病院に行き
「私の血管年齢がいくつなのか検査してください!」
というのもどうかと思います。

 

もし、体調が悪く病院に行くことがあったら、血管年齢を測ってもらうといいと思います。
その病院に血管年齢を測る機器があるのかはわかりませんが…。

 

血管年齢は5分もあれば、わかりますよ。
自分が血管年齢を測ったときは3分もかからなかったです。

 

 

血管年齢の測定はかなりあっさりしています。
でも1人では厳しそうです。
役員の人がパソコンをかなりいじっていましたね。
血圧計のように、1人で簡単に血管年齢を計ることはまだまだ難しそうです。

 

 

そして血管年齢って年齢とともに1つ増えるのが普通だと思うので…。
血管年齢を若返らせるというのは難しいことだと思いますね。

 

血管年齢を若返らせる努力をしていても、老化しているというかな…。
1年経過すれば、1つ増えるのが普通なんです。
逆に血管年齢を1つ減らすのも難しい気がしますね。
現年齢と血管年齢が同じなら、満足していいのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

血管年齢を若返らせるメリット

血管年齢が若いと血液の流れがよく、動脈硬化になりにくいです。

 

動脈硬化を起こすと、心筋梗塞や脳卒中を引き起こします。
心筋梗塞や脳卒中は怖いです。
倒れるわけですから!

 

倒れたら早期発見されないと、命に危険につながります。

 

 

うちの親もよく言っています
「うちの父さんの友人。
あんなに元気だったのに、あっさり逝ってしまった」
みたいなことを…。

 

自分の父方のほうのじいちゃんも、突然死んでしまったので悲しかったです。
意識を失って倒れたときに頭をぶつけたのが悪かったようです。

 

 

そうなんですよ!
心筋梗塞や脳卒中で怖いのは、たしかにその症状も危険なのですが、倒れたときに頭をぶつける。
それが危険なんです!

 

意識を失って、無防備に倒れるわけです。
倒れたときに頭をぶつけたり、その衝撃で命の危険になることもあります。

 

 

世の中危険にあふれています!
頭は特に大事にしないといけません!
子供のあたまにげんこつをする親は、子供の頭を大事にしてやってください!

 

ほんと人間、外見では内部がどうなっているのかわからないわけで…。
血管年齢を若返らせることで、動脈硬化を予防できるのならそれは魅力的なことです。

 

 

今でも多くの高齢者が高血圧なので高血圧を軽視している人もいるかもしれません。
でも高血圧なことは、脳卒中や心筋梗塞の可能性が高いわけで、突然倒れてもおかしくない状態なんです。

 

高血圧な人は病院にいって相談しましょう。
それから、自力で血圧を下げるためにいろいろすればいいんです。

 

 

ただ今現在健康診断で血圧を測るところは多いです。
だから血圧が高いかどうかは、わかりやすいです。

 

でも血管年齢を測る機会はそう多くありません。
自分の血管年齢が高いのかどうかもわからないので
「血管年齢が高いので病院に行く」
という人はほぼいないように感じます。

 

 

実際のところ、血管年齢が高くても血圧が正常ならば、個人の努力でどうにかするのが今現在では一般的です。
血管年齢が高いから病院に行っているという人は、あまり聞きませんね。

 

個人の努力で血管年齢を下げる努力をするのが今現在は一般的です。

 

 

 

年齢ペプチドを配合した商品はしなやかケア

 

年齢ペプチドを配合した商品として

 

しなやかケア

 

があります。
これはカルピス社が販売しているサプリメントですね。

 

 

 

これは自分が紹介しなくても、年齢ペプチドのことを知っている人は、しなやかケアのことを知っているのでは?

 

 

「しなやかケアは、年齢ペプチドを配合したサプリメント」で片付きます。
それ以上説明のしようがないような…。

 

カルピス通販限定で購入できて、ドラッグストアや薬局には売っていません。
買うのなら、カルピスの通信販売を利用しましょう。

 

 

広告がいろいろなところででているので、それで年齢ペプチド&しなやかケアを知る人が多いようですね。

 

 

 

 

年齢ペプチドの正式名称はラクトトリペプチド

 

年齢ペプチドの正式名称は、ラクトトリペプチドといいます。
ラクトトリペプチドといえば、このサイトの人ならおなじみな名前ですよね。

 

そうです!
ラクトトリペプチドはアミールSに配合されている成分ですよね!

 

 

つまりしなやかケアに配合されている年齢ペプチド。
これはアミールSにもラクトトリペプチドという名前で配合されていることになります。

 

 

なので、年齢ペプチドを摂取する方法としては

  • しなやかケア
  • アミール

これらの商品で年齢ペプチドを摂取することができます。

 

 

アミールSは血圧を下げる効果が認められたトクホの飲料です。
ドラッグストアや、スーパーでも買えます。
年齢ペプチドを配合した商品をドラッグストアや薬局で購入したいのなら、アミールSを買えばいいことになります。

 

 

年齢ペプチドを配合したサプリのしなやかケアはカルピス通販限定販売なので、通信販売を利用しなくてはいけません。
でも、アミールSならスーパーにも売っています。
買いやすいです。

 

 

しなやかケアには年齢ペプチドが配合されていて、血管年齢を若返らせる効果と、血圧を下げる効果が期待できますね。

 

おなじくアミールSに配合されているラクトトリペプチドは別名・年齢ペプチドです。
そう考えると、アミールSの効果は血圧を下げるだけではなく、血管年齢を若返らせる効果もあるということになります。

 

 

 

 

 

年齢ペプチドには副作用はない!

「年齢ペプチド=ラクトトリペプチド」だというのは先ほどいいました。
そう考えると、少なくとも年齢ペプチドには副作用の心配はありません。

 

 

なぜならアミールSにも年齢ペプチドが配合されていて、アミールSを長年飲んでいる人がいるわけですから!

 

 

もし年齢ペプチドに副作用があったのなら、アミールSを長年飲んでいた人はどうなるんですか!
大きな問題になります!

 

 

言い方が悪いですけど、アミールSを長年飲んでいる人は、年齢ペプチド(ラクトトリペプチド)の毒見をしてくれていたということになりますよね。

 

そう考えると、前から年齢ペプチドを長い期間摂取している人がいるという点で、年齢ペプチドに副作用は考えられません。

 

 

しなやかケアというサプリメントの副作用については知りませんが、おそらく大丈夫では?
あくまで「年齢ペプチドには副作用がない」ということであって、しなやかケアに副作用があるのかないのかは別の話です。

 

しなやかケアは年齢ペプチド以外にも、いろいろな原材料からできた商品です。
年齢ペプチドに副作用はなくても、原材料のほうに問題がある可能性はあります。
ほぼ大丈夫でしょうけど。

 

 

ただペプチド配合製品は、相性によっては「咳がでる」人がいます。

 

 

ただこれはしなやかケアやアミールだけに限ったことではなく。
ゴマペプチドを配合した胡麻麦茶。
わかめペプチドを配合したわかめペプチドゼリー。
こういった製品にも咳がでる可能性があるので…。

 

副作用というより、製品との相性の問題だと思います。
血圧が高めの人は、今後血圧対策製品を食べたり飲んだりすると思うので覚えておくといいと思います。

 

 

 

 

年齢ペプチドの口コミは?

 

年齢ペプチドの口コミを見るためには、年齢ペプチドを配合した商品の口コミをみる必要があります。

 

【年齢ペプチドを配合したアミールSの口コミはこちら】
アミールS口コミ

 

2016年2月のアミールSの評判
口コミ数⇒206件
平均評価⇒4.51点

 

★★★★★  | 127人
★★★★   |  62人
★★★    |  15人
★★     |   0人
★      |   2人

 

ラクトトリペプチドを配合したアミールSの口コミとしては

 

「血圧が下がった」

 

というものがありますが、それはトクホの血圧を下げる飲料の口コミだからかと。

 

 

一方の年齢ペプチドを配合したサプリしなやかケアの口コミには

 

血管年齢がどうなっているのか実感のしようがない

 

というものがあって、自分も「なるほどな・・・」と思いました。

 

 

自分の血管年齢が若返ったことを実感することは難しいです。
よく病院に行き、血管年齢を調べている人なら、血管年齢が若返ったことを知ることもできるでしょう。

 

 

でも自分の血管年齢を知ることができるのは、1年に1度あるかないかかと。
自分も地域の健康イベントで血管年齢を測ることができましたが、血管年齢を測ったのは今のところ人生でその1度きりです。

 

 

なんとなく健康にいいことをしていると考えてしなやかケアを飲んでいる人が多いです。
逆にしなやかケアを飲んで、「血管年齢が若返りました!」という人が沢山いたら怖いです。

 

みんなどうやって血管年齢を調べているんだ!?

 

となりますよね。

 

【しなやかケアの口コミはこちら】
しなやかケア口コミ

 

2016年1月現在のしなやかケアの評判
口コミ数⇒22件
平均評価⇒3.55点

 

★★★★★  | 6人
★★★★   | 5人
★★★    | 8人
★★     | 1人
★      | 2人

 

 

冷静に考えると、人間時間の経過とともに年齢を重ねます。
血管年齢も1年に1歳高くなるはずなんです。

 

年齢ペプチドは血管年齢を若返らせる効果があるといっても、歳をとれば血管年齢も歳をとるわけで、血管年齢を実年齢以上に大きく下げることは難しいはずです。

 

 

しなやかケアの口コミ内容をみても

健康のために飲んでいます
飲んでいますが効果は実感していません
健康にいいものだと思いしなやかケアを飲んでいます

このように実際にしなやかケアで効果を実感した人は少ないです。

 

血管年齢は頻繁に測れるものでもないです。
血管年齢が下がったのかどうかわからない人も多いのだと思います。

 

 

 

 

 

年齢ペプチドの研究結果の歴史

年齢ペプチドのカルピスの研究結果の発表として

1993年⇒「カルピス酸乳」から血圧降下作用のある「年齢ペプチド(当時はラクトトリペプチドの名前)」を発見

 

2006年⇒「年齢ペプチド」の血管内皮機能改善作用を発表

 

2007年⇒「年齢ペプチド」の血管年齢改善作用を発表
2007年⇒「年齢ペプチド」の抗動脈硬貨作用を発表

 

2010年⇒「年齢ペプチド」の血管柔軟性改善作用を発表

このようなものがあります。

 

 

前までは年齢ペプチドといえば、ラクトトリペプチドという名前で、血圧を下げる効果があるというのをカルピス社はアピールしているイメージが強かったです。
今現在は、年齢ペプチドには血管年齢を若返らせ、動脈硬化予防に効果があるとカルピス社は大きくアピールしています。

 

【年齢ペプチドと動脈硬化紹介記事はこちら】
年齢ペプチドで動脈硬化予防

 

 

 

年齢ペプチドの血管をしなやかにする研究結果

 

年齢ペプチドを8週間摂取することにより、血管柔軟性が改善され、血管がしなやかになったという調査結果がでています。
8週間年齢ペプチドを摂取した人は、血管年齢が7.6歳低下したとのことです。

 

 

年齢ペプチドは血管の詰まりを予防して、動脈硬化も防ぐという研究結果もでています。
マウスでの実験では、年齢ペプチドを摂取していないマウスは動脈にプラーク(こぶ)ができていたのに対して、年齢ペプチドを摂取したマウスはプラークの数が少なかったという研究結果がでています。

 

【年齢ペプチドのまとめ】

  • 年齢ペプチドはカルピスを作るときにできる乳由来の成分
  • 年齢ペプチドの正式名称はラクトトリペプチド
  • ラクトトリペプチドはアミールに配合されている
  • 年齢ペプチドはしなやかケアに配合されている
  • 年齢ペプチドを摂取することで血管柔軟性が改善される
  • 年齢ペプチドを摂取することで動脈の詰まりを予防し動脈硬化対策になる

 

【年齢ペプチドの効果紹介記事はこちら】
年齢ペプチドの効果を紹介します

 

【年齢ペプチド配合商品紹介記事はこちら】
年齢ペプチドを配合した商品を紹介します

 

自分の場合は年齢ペプチドを摂取していても、血管年齢を測定すれば、歳相応ですね。
なんかいつ測定しても、実年齢から−1した血管年齢の数字がでますね。

 

 

いや、血管年齢の測定なんて、まだ数えるほどしかないですけどね。
まぁ実年齢より上の血管年齢がでないだけいいのかもしれません。

 

 

結局歳を取れば、血管年齢も高くなりやすいわけで。
人間、老化には勝てないってことですね。
どんなに健康意識が高くても、老けていきますからね。

 

自分も20代は自転車に乗って、いろいろなところに行っていましたけど。
最近は自転車で近場しかいけないというか、自転車で遠出する勇気がなくなりました。
30代中盤になって、一気に体力が落ちた気がするなぁ。

 

 

これでも健康のためにジョギングしているんですけど。
ジョギングしていても、やっぱり年齢には勝てないというか。
体力の低下を実感しますから…。
老化には勝てんわ。

【年齢ペプチド】副作用や口コミ評判解析記事一覧

【年齢ペプチドの効果】血管年齢を若返らせる!健康寿命を伸ばす

血管年齢を若返らせるといわれている年齢ペプチドの効果を紹介します。年齢ペプチドは正式名称はラクトトリペプチドといいます。年齢ペプチドとラクトトリペプチドで調べていくといろいろな効果が見つかります。年齢ペプチドには血圧を下げる効果があるかなり前から発表されている効果として、年齢ペプチド(ラクトトリペプ...

≫続きを読む

 

【年齢ペプチド】価格を考える!しなやかケアとアミールの値段

年齢ペプチドを配合した製品の価格を紹介します。年齢ペプチドの正式名称はラクトトリペプチドなので、ラクトトリペプチドを配合したアミールの価格も紹介します。【しなやかケア】30日4200円1日あたり140円まとめ買いや定期注文で多少安くなる【しなやかケア+カテキン】30日5200円1日あたり約173円ま...

≫続きを読む

 

【年齢ペプチド飲料】アミールS ラクトトリペプチド配合の血圧に効果があるトクホの...

年齢ペプチドはサプリメントのしなやかケアに配合されています。おそらく年齢ペプチドを配合した製品で、一番有名(定番)な製品はしなやかケアだと思います。サプリメント以外の方法で年齢ペプチドを摂取したいという人もいるかもしれません。そんな人におすすめなのがアミールです。アミールはもうずいぶん前からカルピス...

≫続きを読む

 

【年齢ペプチド】副作用はないと断言できる理由!ラクトトリペプチド配合のアミールは...

しなやかケアに配合されている年齢ペプチドの副作用を心配している人がいます。これは調べるまでもなく、副作用はないといえます。理由は簡単で年齢ペプチド=ラクトトリペプチドだからです。年齢ペプチドの正式名称はラクトトリペプチドです。年齢ペプチドは最近でてきた言葉なので、年齢ペプチドを配合した製品の歴史は浅...

≫続きを読む

 

【年齢ペプチド】配合した商品製品を紹介します!しなやかケアやアミール

血管年齢を若返らせる効果があるということで、今話題になっている年齢ペプチド。この年齢ペプチドを配合した製品を紹介します。年齢ペプチドという名前で配合されているのはしなやかケアだけですけど。ラクトトリペプチドを配合している製品も考えるとアミールもそうなんですよね。しなやかケアにもいろいろな種類があり、...

≫続きを読む

 

【年齢ペプチド】動脈硬化予防に効果!

年齢ペプチドの効果として動脈硬化予防があげられます。動脈硬化というのは年齢とともに酸素や栄養素を運ぶ重要な役割を果たしている動脈が硬くなったり、動脈が狭くなり、血液の流れが止まってしまうことをいいます。動脈硬化を起こすと、心筋梗塞や脳卒中を引き起こし命の危険があります。命が助かっても、後遺症が残る可...

≫続きを読む

 

【年齢ペプチド】血圧を下げる効果も期待できる!血管年齢だけじゃない!

しなやかケアに配合されている年齢ペプチド。年齢ペプチドの効果としては血管年齢を若返らせる効果が有名ですが血圧を下げる効果もあると考えられます。それがなぜかというと、年齢ペプチドの正式名称はラクトトリペプチドです。ラクトトリペプチドはアミールというトクホの飲料に配合されています。アミールは血圧を安定さ...

≫続きを読む

 

カルピスの年齢ペプチドは正式名称をラクトトリペプチドという

カルピスが最近アピールしている年齢ペプチド。年齢ペプチドなんて聞いたこともないという人も多いと思います。それもそのはず、年齢ペプチドは正式名称を「ラクトトリペプチド」といいます。つまりラクトトリペプチドが改名したのが年齢ペプチドです。年齢ペプチドという名前を聞いたことがないというのもあたりまえです。...

≫続きを読む

 

年齢ペプチドは正式名称をラクトトリペプチドという!血圧を下げる効果が有名

年齢ペプチドは正式名称を「ラクトトリペプチド」といいます。ラクトトリペプチドといえば、アミールを飲んでいる人にはおなじみの成分です。ラクトトリペプチドの効果といえば、まっさきに血圧を下げる(血圧を安定させる)効果が思いつきます。年齢ペプチドは血圧を下げる効果が期待できます。ラクトトリペプチドですから...

≫続きを読む

 

年齢ペプチドと同様に血液をさらさらにするエゴマ油

年齢ペプチドは血液をさらさらにする効果があるとされています。年齢ペプチドと同様に血液をさらさらにする効果があるものにエゴマ油があるとされています。別名「しそ油」ですね。知っている人は知っていると思いますが、エゴマ油はすごく高いです。エゴマ油は血液をさらさらにする青魚に配合されているEPAを体内で作り...

≫続きを読む

 

【年齢ペプチド】血管年齢を若返らせる効果!メリットは?若く見られる?

年齢ペプチドには血管年齢を若返らせる効果があります。血管にも年齢があって、これが高いと血管が硬いらしく。逆に血管年齢が若いと、血管がやわらかいとのことです。当然血管年齢が高くて、血管が高いと動脈硬化になりやすいです。逆に血管がやわらかいと、動脈硬化になりにくくなります。後は単純に自分の実年齢より血管...

≫続きを読む

 

年齢ペプチドが血管をしなやかに!ラクトトリペプチドは血圧を下げる効果がある

カルピスがみつけた年齢ペプチドが評判です。カルピス社の発酵乳「カルピス乳酸」から生まれたのが年齢ペプチドです。正式名称はラクトトリペプチドといい、これは血圧対策飲料アミールにも配合されています。アミールはトクホの血圧対策飲料ですが、その効果はラクトトリペプチドが血圧を下げてくれる(安定させる)からな...

≫続きを読む

 

動脈硬化は「年齢ペプチド」で抑制できる!

カルピス社が「カルピス酸乳」から年齢ペプチドを見つけだしました。年齢ペプチドの正式名称はラクトトリペプチドです。年齢ペプチドは血管年齢をしなやかにするとされています。血管が硬くなることで、動脈硬化になる可能性が高まりますが、年齢ペプチドを摂取することで、血管をしなやかにして、動脈硬化を予防します。日...

≫続きを読む

 

年齢ペプチドを配合している食品はアミール!ラクトトリペプチド配合の飲み物

年齢ペプチドというのは「カルピス社がカルピス酸乳からみつけだしたもの」です。飲むカルピスは知っていると思います。そのカルピスを作るときに見つかったペプチド(アミノ酸の結合体)です。なのでカルピスの作り方を知らないと年齢ペプチドの摂取は無理です。注意してほしいのは、飲むカルピスに年齢ペプチドが配合され...

≫続きを読む

 

年齢ペプチドの血管をしなやかにする効果は実感のしようがない

年齢ペプチドの効果は血管をしなやかにする効果があるとされています。ただ一般の人は、自分の血管がどのような状態なのか知ることはできません。病院にいって検査をすれば、自分の血管がどうなっているのかわかるかもしれませんが、そんなことを頼む人はいないでしょう。そういう点で、年齢ペプチドを摂取しても自分の血管...

≫続きを読む

 

年齢ペプチドを配合した商品を楽天市場で買う

年齢ペプチドを配合した商品を楽天市場で買いたいという人が多いようなので楽天市場で年齢ペプチドを配合した商品を紹介します。楽天市場で年齢ペプチドを配合した商品が買えます。注意したいのは定価より高い値段で販売されていたり。年齢ペプチドではなく、ラクトトリペプチド(LTP)という、年齢ペプチドの正式名称で...

≫続きを読む

 

年齢ペプチド販売店

年齢ペプチドを配合したサプリメントしなやかケアはカルピス通販限定販売です。ドラッグストアや薬局ではしなやかケアは購入できません。通販ショップでも基本購入はできないんですけど…。でも、しなやかケアは人気があって多少高くても売れるからか楽天市場やアマゾンでは定価より高い値段で販売されています。値段が高く...

≫続きを読む

 

年齢ペプチドとしなやかケア!おすすめはどちら?

たまに年齢ペプチドとしなやかケアどちらがおすすめですか?という人がいます。これは勘違いです。しなやかケアというサプリメントに配合されているのが年齢ペプチドです。わかりにくいのでしょうがないと思いますが、しなやかケアというサプリメントがあって、そこに配合されているのが年齢ペプチドなので、どちらがおすす...

≫続きを読む